口臭の分類と原因

国際分類によれば、口臭は、

実際に口臭がある「真性口臭症」
口臭がないのにあると思い込んでいる「仮性口臭症」
および「口臭恐怖症」

の3つに分けられます。
真性口臭症は、特に病的原因がない「生理的口臭」と、何らかの病的原因がある「病的口臭」に分けられ、さらに、病的口臭は「口腔由来」と「全身由来」に分類されます。生理的口臭の主な原因は、口の中の乾燥や口の中の酸素不足です。

これらの条件が重なると、口の中の口臭発生に関わる細菌が増殖し、口臭原因物質を生成することにより、口臭が 発生します。これに対して病的口臭は、むし歯や歯周病などの口の中の病気や、糖尿病などの全身的な疾患が原因で起こる口臭のことです。