口腔外科とは

口腔外科とは一般的に、口の中をのぞいて見えるすべての組織、歯や歯茎だけでなく、舌、頬の粘膜、舌の付け根、上アゴ、下アゴ、唇(くちびる)と、粘膜に隠れている唾液腺(つばを出す組織)、さらに顔やアゴの形をつくっている骨、アゴの関節など、これらに生じた病気を診断、治療する診療科です。主に外科的な治療法が多く、病気の症状を緩和したり、失われた機能や形態を回復することを目的としています。



顎関節症

顎関節症とは、顎の左右の関節や咀嚼に使う筋肉の調子が良くない状態の総称です。
顎の関節で、

顎が痛む
口が開けづらい
肩こり・首のこり・頭痛等

などの全身的な症状まで、スプリント(マウスピース)や歯の矯正治療などを応用し、身体の不調や顎関節症の 症状の改善・軽減を図っております。



歯牙再植

顔面を強く打ったときに歯が抜けてしまうことがあります。
そのような場合でも抜けた歯をすぐに元の位置に戻せば歯は元通りにくっついて再び使用することができます。歯が抜けたときに歯の神経も切れてしまいますが、うまくすれば神経も切断端同士がつながって再生します。

外傷によりいったん抜けた歯を元に戻すことを「歯の再植」といいます。





親知らずの抜歯

第二大臼歯の後方に、親知らずが埋もれて生えてこれない場合があります。
生え方によっては、歯磨きが困難になり、汚れが停滞することで、歯ぐきに炎症を起こしたり、手前の第二大臼歯がむし歯になることがしばしばあります。
そういった時には、親知らずの抜歯が必要となります。