前歯だけではなく奥歯の金属が目立って気になるので白くしたい、また、金属アレルギーなどの問題で口の中に金属を入れておくことができない患者様もいらっしゃいます。そのような患者様へハイブリットセラミックスという材料を用いた治療を紹介いたします。


保険でできるコンポジットレジンでも、白い歯にする修復は可能ですが、色調が自由で審美性にすぐれている反面、色が時間と共に変色したり、磨耗が激しかったりするという欠点があり、奥歯には使用しづらかったのが現状です。しかし、ハイブリットセラミックスは、色が変わりづらく、すり減りづらい長所を持っているため奥歯にも使え、かつ色調も自由に選べますので審美的にも優れている新しい素材です。

ハイブリットセラミックスについて

ハイブリットとは?

70%の無機ガラス(超微粒子フィラー)と30%の有機ガラス(高密度架橋活性材料)の細かい粒子から出来ていて、保険治療のレジン素材(合成樹脂)とセラミックのちょうど間の素材と考えていただくと良いかと思います。

ハイブリットとセラミックスの違い

両方とも色調は白い天然の歯の色となりますが、長期的な色の変化はハイブリットの方がセラミックと比較すると少し変色してきます。硬さもハイブリットの方がセラミックと比較すると柔らかいです。価格は、ハイブリットのほうが少し安いです。

ハイブリットの利点

  冠の全てをセラミックで作り上げる冠のことです。
  自然な光を透過する優れた美しさをもつ。
  金属を一切使わないため、金属アレルギーの方にも安心。

ハイブリットの欠点

あくまで素材は超高品質のレジンであり、セラミック100%ではないセラミックに比較すると耐久性が少し劣ります。