インプラント

インプラントは、どんな治療方法ですか?

インプラント
人工の歯で機能面や審美面の回復を行います。

インプラント(Implant=植え付ける)は、人工歯根療法とも言われ、歯が抜けたところに歯の根っこにあたる部分を埋入し、その上に人工の歯(ブリッジやクラウン)をかぶせる治療方法です。手術によって埋め込まれたインプラントは、骨になじんでしっかりと固定され、健康な歯のようにかむことができます。



従来の治療法とどこが違いますか?

自分の歯と同じようにかめるだけでなく、残っている歯にも負担が少ない治療方法です。

歯が抜けた場合の治療法には、両隣りの歯を削って土台とする「ブリッジ」、または「総入れ歯」や金具で固定する「部分入れ歯」などがあります。しかし、このような治療法は土台となる歯に負担がかかったり、入れ歯に違和感を感じたり、入れ歯が動いたりする場合があります。
また、歯が抜けたまま放っておくと、抜けた部分の骨は年数が経つにつれて次第にやせていきます。こうした問題を解決するのがインプラントです。インプラントは骨にしっかりと固定されるので、自分の歯に近い感覚で物をかんだり、話したりできます。また、残っている歯にかかる負担が少ない治療法です。

インプラントなら自然な修復ですっきり美しく

術前〜術後

インプラントはこんな場合にお勧めします。
○健全な歯を削りたくない。
歯が一本抜けた後ブリッジにする場合、両隣りの健全な歯を削らなければなりません。

○入れ歯に違和感を感じる。
入れ歯を不快に感じたり、入れ歯を金具で固定するため、支えている歯に負担がかかる場合があります。

○入れ歯が動く。
かみづらかったり、発音・発生に不便を感じたりする場合があります。




実際の治療はどのように行われますか?

診断、手術、骨との結合、歯の装着の4ステップ。

インプラント治療は図のように4つのステップで行われます。
まず、担当の歯科医師と治療方法等をよく相談して下さい。
埋入手術の処置時間は約30分~120分です。
その後、約3~6ケ月間、インプラントが周囲の骨となじむまで、定期的に検診を行います。
そして、周囲の骨にしっかり固定されたのち、人工の歯をかぶせます。

治療の流れ