お子様の不安を和らげる笑気

笑気吸入鎮静法(笑気)とは、鼻マスクで「笑気ガス」を吸入するだけで、治療中の不安や不快を遠のけ痛みを和らげる方法です。
子どもたちの治療に対する恐怖心や不安を和らげ、リラックスして治療ができるように笑気というものをご用意しています。

全身麻酔のように意識がなくなるわけではありませんので、お話をしながら気持ちを和らげていきます。大人で言うとお酒を飲んでほろ酔い気分になったような感じです。

お話が理解できる年齢であることが前提となり、だいたい3才ごろくらいからを目安におすすめしています。
笑気には相性があり、笑気が効く子、効かない子がいますので子どもたちの様子をみながら治療を行っています。
相性の良い子でのリラックス効果は驚くほどです。

ご興味のある方はご相談ください。