他院で行われた左上1番が欠けたと来院。接着治療により、応急処置。
その後、新しい差し歯(オールセラミッククラウン)を製作いたしました。

差し歯が取れたりかけたりする原因はさまざまです。経年変化により噛み合わせが狂った、歯ぎしりなどの習癖、歯の根っこが弱くなっている、金属やセメントの材質の劣化、事故欠損…などです。

また、もともと付けていた差し歯がセット不良だった場合、その影響でかけたり割れたり取れたりすることもあります。取れた歯は、原因特定や再装着もできる可能性が少しはあるので、なるべく捨てず一緒に持ってきてください。

当院では差し歯の急なトラブルにも初診、急患として対応しています。

前歯を差し歯にした例

他院で治療された差し歯が取れたり欠けたりするトラブルは、当院の治療例では多いケースです。
ただ、それを付け直したり再接着したりするだけでは、また同じトラブルが起こりえます。

そういったことを回避するために、

どのようなタイミングで起きたのか?
噛み合わせのチェック
差し歯を支える支台歯の形成の調査
接着に使う歯科用のボンドは?

…など様々な観点から調べます。

原因を考察し、同じトラブルを回避すること。せっかくいい材料できれいな歯を作ってセットしたとしても取れたり欠けたりしてしまっては意味がありません。
そういった臨床データを残すことも、後々の患者様の治療へ生きてくると考えています。

「長持ちするきれいな差し歯を」とお考えの方は、ぜひ一度当院へお気軽にご相談ください。