メタルボンドクラウン

メタルボンドは歯科技工における鋳造の技術を用いて造られます。

お口の状態にあわせて、メタルボンドクラウンを使用しています。
特徴
  複雑な形を作るときにはよい
  歯と歯の間のスペースが取れないときに有効
  入れ歯の支台歯として有効
  かみ合わせをつくるときに有効
  金属アレルギーがでやすい
  シャドウがでる


メタルボンドとオールセラミックの比較


オールセラミッククラウン(左)とメタルボンドクラウン(右)
金属の裏打ちがあるかないかが特徴で、それぞれに利点があります。



オールセラミッククラウン

透明感のある自然な差し歯には、オールセラミッククラウンを利用する方法があります。セラミックを利用することで、時間が経っても色がくすむことはありません。

オールセラミックの特徴

  透明度・生体親和性が高い
  メタルアレルギーに有効


ハイブリッドセラミッククラウン

保険でできるコンポジットレジンは色調が自由で審美性にすぐれている反面、色が時間と共に変色したり、磨耗が激しかったりするという欠点があり、奥歯には使用しづらかったのが現状です。

しかし、ハイブリットセラミックスは、色が変わりづらく、すり減りづらい長所を持っているため奥歯にも使え、かつ色調も自由に選べますので審美的にも優れている新しい素材です。無機ガラスと有機ガラスの細かい粒子から出来ており、保険治療のレジン素材(合成樹脂)とセラミックのちょうど中間の素材と考えていただくと良いかと思います。

ハイブリットセラミックの特徴
  比較的安価で粘りがあるため(弾性率が高いため)、 破折などの修理が用意である
  時間の経過とともに劣化しやすい


ゴールドクラウン

金で出来ていますので…

硬すぎず柔らかすぎず、天然歯に近い硬さ
溶けにくい性質を持っており、金属アレルギーが起こりにくい
金属の劣化がありません
噛む力に対する耐久性が高い
適合性に優れ接着面からむし歯が再発しにくい
色が白くないので、審美的に劣ります



保険の差し歯の取り扱いについて

当院では、審美性や機能性を重要視するため、 歯科技工の技術や材料にこだわって、長期安定(長持ち)を見据えた差し歯の治療をおこなっております。保険の差し歯をすべて否定するわけではないのですが、長年の臨床経験から考慮し、将来的に長く使っていただくことを考えると、セラミックやメタルボンド、ゴールドで製作された差し歯をおすすめしております。

当院で治療される患者様の多くが、保険の差し歯による「変色」「脱離」でご相談にいらっしゃいます(保険治療による材料に制限があるということは、‘長期的な安定’にも限界があります)。

お悩みや不安な点を考慮し、患者様のご希望にあった治療プランをご提示いたします。決して強くおすすめしたりはいたしませんし、よくお考えになってから後日、治療をお決めいただいております。審美的な差し歯、今の差し歯にご不満のある方は、お気軽に当院までご相談ください。